2009年04月17日

1点の重み 4/17 対ソフトバンク戦

IN マリンスタジアム ライトスタンドにて観戦

H 00000001000・・・1
M 01000000001X・・2

投手:大嶺−川崎−シコースキー−荻野
捕手:里崎

2夜連続の延長戦。

11回裏2死から福浦選手がヒットで出塁。
里崎選手・井口選手が四球で満塁となり、続くサブロー選手は死球exclamation×2
押し出しのデッドボールで試合終了。
サヨナラデッドボール?

スコーンと打ってもらって勝ちたかったのは山々ですが、勝てばいいんです。勝てば!
サブロー選手、大丈夫でしょうか・・・。

勝利投手は荻野投手。
2イニング登板で抑え、防御率0.00。
ヒーローインタビューで荻野投手も言っていましたが、先発の大嶺投手がランナーを出しながらも踏ん張り無失点で先発としての役割を果たしていたので、大嶺投手に勝ち星を付けてあげたかったです。大嶺投手の今季初勝利は次回の登板で!


野球今日の竹原選手野球

7番レフトでスタメン出場
左超タイムリー2ベース・ライトフライ・四球

開幕カード2戦目の4月4日以来のスタメン出場。
相性のいい和田投手との対戦。
2回裏、ベニー選手が四球で出塁し2死1塁で竹原選手の打席。
フルカウントで振り抜いた当たりは、レフトフェンス直撃!
1塁にいたベニー選手が生還して、マリーンズが1点先制グッド(上向き矢印)

打球、よく伸びましたね。もう少しで入りそうでした。
でも本当に貴重な1点かわいい
四球で出塁した時、和田投手のしつこいくらいの牽制には「ここで刺してやる!!」という執念を垣間見たような・・・。

勝利に貢献できてよかった。
明日は竹原選手のピンバッジ配布日でもあるので(チケットを持っている有料会員)、明日も出番があって結果が出る事を願っています。

もちろんチームの勝利もexclamation

この所いろいろ忙しくてなかなかマリンに行けませんでした。
今日も職場から直行だったので一眼レフは持って行けず、写真がありません。すみませんm(__)m
この3連戦は観戦予定です。
posted by hiro at 23:58| Comment(3) | TrackBack(1) | マリーンズ