2008年08月16日

マリーンズ 1点が遠い完封負け

IN マリンスタジアム ライトスタンドにて観戦
対 楽天イーグルス戦


E 000010100・・2
M 000000000・・0

投手:久保‐シコースキー‐高木
捕手:橋本

先発の久保投手。
3安打しか打たれていないのに、7回表の連続四球を含む5四球は勿体ない。

打線の援護が欲しかったが、岩隈投手をなかなか打てず。
3塁までランナーを進める場面が2度あっても、ホームベースが遠い試合でした。

怪我が心配されていた塀内選手、8回裏に代打で出場し2ベースヒットを放ちました。
今日の練習では頭の包帯が痛々しかった塀内選手。
ブログには「6針縫った」と書かれていました。

dc081706.JPGバント練習中の塀内選手

野球本日の竹原選手野球
昨日に引き続き先発が右投手でしたが、8番レフトでスタメン出場
ショートゴロ・サードゴロ失策・四球

第2打席、サードへのゴロでしたが落球。送球も少し逸れ、全力疾走していた竹原選手はタッチをうまくかわしてセーフに。
相手エラーでも出塁は出塁。よく走ってくれてました。やはり何が起こるかわからないので、最後まで気持ちを持ってプレーするって大事。

試合前の練習ですが今日は打撃練習の順番が早く、内野に着いた時はフリーバッティング終了寸前でした。
昨日の事があってか、バント練習はいつもより時間を多くとっていた気がします。
その後の守備練習もノックをあげてもらい、念入りにやられていました。

dc081719.JPG竹原選手 守備練習中

dc081739.JPG右へ左へ走る!
posted by hiro at 23:58| Comment(2) | TrackBack(1) | マリーンズ