2008年07月29日

マリーンズ 宏之3勝目 竹原タイムリー

更新が滞っています。

26日 ソフトバンク戦 ヤフードーム レフトスタンドにて観戦
27日 ソフトバンク戦 ヤフードーム レフトスタンドにて観戦
28日 楽天戦 マリンスタジアム ライトスタンドにて観戦
29日 楽天戦 マリンスタジアム ライトスタンドにて観戦

とりあえず今日の事を。


竹原選手、8番DHでのスタメン出場。
1対1の同点で迎えた4回裏。
無死満塁だったのが2死満塁になり、打席には竹原選手。
カウント1‐1。打った打球は右中間へ。
走者一掃となるタイムリー2ベースexclamation×2
一挙3点が入り4対1に。

続く渡辺正選手もタイムリーで竹原選手は一気に走りホームインexclamation
大塚選手2ベースヒットで出塁、堀選手タイムリーでこの回6得点!

2死でしたが「それがどした!」というくらいの攻撃。
その口火が満塁で打席に入った竹原選手の一振りでした。

今日のヒーローは竹原選手と小林宏投手。
小林宏投手も1勝が遠く、今季3勝目。
竹原選手は今季初のお立ち台となりました。

竹原選手、お立ち台で笑顔はありませんでしたし声のトーンも低め。
全ては今迄の結果が物語っています。
でも今日はどうしても打って欲しい所でのタイムリー。
前半戦を締めくくり、後半戦への足掛かりになってくれればと思います。

今シーズンは既に3度の登録抹消。
打撃フォームが固まっていない状態での苦しい戦い。
後半戦、前半戦の分を取り返すくらいの活躍を期待しています。

dc073010.JPGヒーローインタビュー 竹原選手

dc073016.JPGゲーフラをあげていたので写真はあまり撮れず

dc073023.JPG正面ステージにて

dc073024.JPG本日4打数1安打3打点1得点
posted by hiro at 23:57| Comment(4) | TrackBack(3) | マリーンズ